次男と二人のボロブドゥール

次男と二人でインドネシア、ジャワ島のボロブドゥールとプランバナンの遺跡、そして世界遺産へ行ってきました。

バリ島ウブドへ来ていますが、インドネシアへ行くと言った時から次男は「ボロブドゥールへ行きたい!」と言い続けていました。どうも、テレビで見たボロブドゥールや世界各地の遺跡に興味を抱いたようです。

バリとジャワでは少し離れていますが、どうしても見たいと言う次男のリクエストに応えて、遺跡に興味のない女房や長男はお留守番にして、二人でバリ島から一泊二日でジャワ島へ出かけてきました。

おりからイスラム教のラマダンも終了間際、インドネシアの独立記念日にも重なったせいか、飛行機は満席。数日前に申し込んでよく取れたな、という感じでした。

木曜日の朝早くウブドを発ち、土曜日の午前2時前に帰りつくという強行軍でしたが、次男は満足した様子。

インドネシア・ジャワ島のボロブドゥール

予定外とは言え、考古学に興味を持ち始めた8歳の次男の記憶の中にこの旅が残り、将来の糧となると信じましょう。

長男が動物のブログを開始

将来生物学者になりたいと思っている長男が、夏休みの自由研究で身の回りの生き物を扱うのを機会に、動物のブログを開始。タイトルは大きく、世界の生き物ですが、今のところ、夏休みに来ているバリ島で見かけた生き物だけの掲載です。

コモドオオトカゲ

これが長男が撮影した写真。野生のコモドオオトカゲではなく、サファリパークで飼われているものですが。

長男はブログを作ると同時にブラインドタッチでキーボードを打つ練習も開始。ブログも、教えていないのに知らない内に自分で背景画像を設定しています。あれこれ試して、自分で見つけていくことにはたけているようです。

七夕飾りのお願い事は…

今日は子どもたち三人を連れて七夕祭りへ。

そこで見つけたのが市内各小学校や幼稚園などで作った短冊飾り。男の子二人が通う小学校のものもありました。

早速見つけた次男の願い事。

七夕のお願い

「せかいがへいわでありますように」

うーん。まともだけどちょっと教科書的でないかい?

次に長男のものを発見。

七夕のお願い

「頭がよくなりますように」

おいおい、そんなこと書いたら、自分が頭が悪いって認めているようなものじゃないか。どうせ書くなら「成績が上がりますように」でしょ。

兄弟三人でお手伝い 朝食の準備はお任せ

ホットケーキを作る

ホットケーキの作り方を覚えた長男の指導の下、下の子二人もお手伝い。最近土曜か日曜のどちらか、子どもたちがホットケーキを焼いてくれます。パパママ楽チン。ついでにコーヒーもいれて、野菜サラダとかも作ってくれるともっと良いんだけど。

次男はお手伝い好き、でも刃物は怖い

我が家の次男は結構お手伝いが好き。「誰かお手伝いして!」と声をかけると、読書やiPadに夢中になっていない限りは一番に手を挙げて来てくれます。

でも、刃物が怖くて苦手。今日のお手伝いは昼食用のチャーハン作り。野菜を切って欲しいけれども、怖くて包丁が持てません。そこでママに助けられて修行にはげむことに。

次男のお手伝い

とは言っても、ほとんど切っているのはママか。タマネギを切るために次男はプール用のゴーグルを着用。手間に見えている肉は、できたばかり、パパお手製のチャーシューです。

小学校の体育で足を捻挫

本日子どもたちが通う小学校から携帯に電話があり。何でも次男が体育の時間にドッジボールをしていて足首をねんざしたとか。ところが木曜日は近くの医院は軒並み定休日で開いておらず、かなり離れた医院へ保険の先生が連れて行ってくださることに。開いている医院を調べて頂いている間に家に帰り、次男の保険証をとって小学校へ届けました。

しばらくして戻ってきた次男はテーピングに松葉杖姿。骨折はしていないものの、歩けない状態とか。午後3時の終業時間に小学校へ迎えに行くことになりました。

子供の内はけがも病気もいろいろありますねえ。親も一定の覚悟と準備をしておかないと。

松葉杖でも花火は楽しむ

松葉杖になってしまったけど、予定通りキャンプに出掛けて、杖をつきながら花火を楽しむ次男。

児童英検を受ける?

我が家の息子たちはここ数年間週に一度英会話に通っています。英会話と言っても、ほとんどゲームをして英語になじむ、といったコンセプトのクラスですから、何年やっていてもちっとも英語を話すようにはなってくれませんが。

それでも嫌がらずに通ってくれているので、ま、いいか、です。今のところは英語に馴染んでいてくれさえすれば。

でも5年生になった長男は、今年英会話の先生に勧められて「英検クラス」に入りました。英検クラスは通常の授業の後で30分くらい補習のような形で、英検の対策をする、というクラス。あまり嫌がっている様子もないので、さほど負担にはなっていないのでしょう。

多分、児童英検をまずは受験するのだと思いますが、実は彼の同級生の一人は、幼稚園の時に児童英検ゴールドを合格している…彼女は今や英語で日記を書いているそうです…おっと、比べてはいけませんね。

カルピス・アレルケアの効果 鼻炎は若干改善

以前次男のためにL-92乳酸菌のサプリ、カルピスアレルケアを使い始めた話を書きました。1年近くカルピスアレルケアを使ってみての感想。じわじわとですが、効果は出ているようです。

次男は以前はアレルギー性鼻炎で鼻が詰まりっぱなしで、鼻をかむことすらままならかなったのですが、鼻の中の腫れがひいてきたのか、鼻がだいぶ通るようになりました。鼻をすする癖が完治したわけではありませんが、頻度は明らかに減っています。

さて問題は末娘。どうやらカルピスアレルケアは、ヨーグルト味でおいしいらしく、末娘がこっそりつまみ食いをするようになってしまったのです。次男は結構まじめで、「朝晩1個ずつだけ」と言われるときっちり守っていたのですが、末娘はまだ3歳。お菓子をつまみ食いするような感覚で、黙っていると食べてしまいます。おかげで置き場所を工夫しないといけなくなりました。サプリと言っても乳酸菌ですから、食べて毒になることはないと思いますが、普通のお菓子よりはずっと値段が高いですから。