次男はお手伝い好き、でも刃物は怖い

我が家の次男は結構お手伝いが好き。「誰かお手伝いして!」と声をかけると、読書やiPadに夢中になっていない限りは一番に手を挙げて来てくれます。

でも、刃物が怖くて苦手。今日のお手伝いは昼食用のチャーハン作り。野菜を切って欲しいけれども、怖くて包丁が持てません。そこでママに助けられて修行にはげむことに。

次男のお手伝い

とは言っても、ほとんど切っているのはママか。タマネギを切るために次男はプール用のゴーグルを着用。手間に見えている肉は、できたばかり、パパお手製のチャーシューです。