ポケモンカードの問題と金銭教育

最近男の子二人がはまっているのがポケモンカード。我が家だけではなく、友達と交換しあったり、自慢しあったりしている模様。

なけなしのお小遣いの大部分をポケモンカードの購入につぎ込み、それでも「もっと強いカードが欲しい」と、サンタさんにお願いする始末。

ポケモンカードはセットになっていて、買って開封するまでどのカードが入っているかわからない仕組み。子どもたちは、欲しいカードがないとまた買うという仕組み。

ビジネスモデルとしては秀逸かもしれないけど、子どもたちはポケモンカード地獄にまっしぐら。判断力の弱い子どもを狙ったある意味、あくどいやり方とすら思います。

親がいくら貯金や、節約や、目的を持った使い方とか教えても駄目。テレビや雑誌で番組や広告を氾濫させ、近所のコンビニに入れば目立つ所にポケモンカードが並べてあります。子どもたちを「これでもか!」と誘惑する作戦。

結果、ポケモンカードは子どもたちのコミュニケーションの一部になってしまっているのですから。そこが巧みであると同時に、けしからん!ところです。

昔はもちろんポケモンカードなんてなくて、メンコがありました。ちょっと古すぎるけど。メンコは自分がスキルを磨いて勝負をするためのもので、お金をたくさんつぎ込んで、珍しいカードをたくさんゲットした子どもが勝つ、という仕組みにはなっていませんでした。今は、ポケモンカードをたくさん買える子が尊敬を勝ち得る、という構造。

「金銭教育は親の責任」は原則論だけど、一体社会や企業の責任はどうなっているの?