次男と二人のボロブドゥール

次男と二人でインドネシア、ジャワ島のボロブドゥールとプランバナンの遺跡、そして世界遺産へ行ってきました。

バリ島ウブドへ来ていますが、インドネシアへ行くと言った時から次男は「ボロブドゥールへ行きたい!」と言い続けていました。どうも、テレビで見たボロブドゥールや世界各地の遺跡に興味を抱いたようです。

バリとジャワでは少し離れていますが、どうしても見たいと言う次男のリクエストに応えて、遺跡に興味のない女房や長男はお留守番にして、二人でバリ島から一泊二日でジャワ島へ出かけてきました。

おりからイスラム教のラマダンも終了間際、インドネシアの独立記念日にも重なったせいか、飛行機は満席。数日前に申し込んでよく取れたな、という感じでした。

木曜日の朝早くウブドを発ち、土曜日の午前2時前に帰りつくという強行軍でしたが、次男は満足した様子。

インドネシア・ジャワ島のボロブドゥール

予定外とは言え、考古学に興味を持ち始めた8歳の次男の記憶の中にこの旅が残り、将来の糧となると信じましょう。

しゃべる地球儀パーフェクトグローブを注文

我が家では両親とも海外での仕事が長かったせいもあり、また上の子二人が海外で生まれたこともあって、海外の話題がよく出てきます。そのたびに壁に張った雑誌のおまけの世界地図で「どこにあるでしょう!」とやっていたのですが、地図はぼろぼろ。

そこで地球儀を買うことに。調べてみると地球儀の種類はあるようで少ない。まあ、地球儀はそんなに買い替えるものでもないですから仕方ないかも。

いろいろ見ていて気にいったのが、しゃべる地球儀 パーフェクトグローブ。付属のペンで地球儀上の調べたい場所を指すと、その国や地域の情報を話してくれるというもの。しかも、年齢設定をすることで、異なった情報をしゃべってくれるというすぐれもの。インターネットからダウンロードすると情報が更新でき、英語など他の言語に変更することもできるそうですが、女房がまた「英語教材にしよう」などと余計なことを考えないように、多言語機能は封印しておこうと思います。

まだ届いていないですが、親が結構楽しみにしていたりして。