4年生の一人旅

週末に小学校4年生の次男が一人旅?に出かけました。旅といっても電車を2本乗り継いで、名古屋市科学館まで行っただけですが(以前名古屋市科学館へ行った時の話はこちら)。

母親から電車の乗り方、地下鉄への乗り継ぎの仕方、地下鉄駅から名古屋市科学館への行き方などを綿密に教わり、当日も時折携帯電話で連絡を取りながら行ってきました。

本人にとっては一人で電車に乗るのは初めて。ドキドキものだったかもしれません。学校の先生にばれると「一人で行ってはいけません!」と叱られてしまうかもしれませんが、本人はきっと自信がついたことでしょう。

レゴロボット教室で長男が一位に

再び行ってきたかかみがはら航空宇宙科学博物館のレゴロボット教室。

小学校3年生の次男にはまだ難しく、パパがつきっきり。一方小学校5年生の長男は組み立てからプログラミングまで、全部自力でやりました。

課題は、コース上の缶を立ったまま所定の位置に押し込み、次に路面の黒い部分をセンサーで検知してその場で2回回転。そしてゴールを目指すというもの。なかなかの難題です。

クラスの終了時には参加者全員が順番にロボットを走行させ、得点とタイムを競います。

パパが手伝った次男は5位。5位以上は名前を発表でしたが、2回目の試技ではゴールできなかった次男は予想外の入賞に大喜び。

そして長男はなんと一位。

彼の戦略は、まず、速度は遅いけどコントロールがし易いクローラー(キャタピラー)タイプのロボットを選択。そして、プログラミングのステップを極力減らして「方向転換しながら缶を押す」というような動作をさせていました。

このようなプログラミングは、それぞれのステップの微調整は難しいですが、回転などのステップが増えれば増えるほど高くなるリスクを抑える賢いやり方。

前回の時も同じような戦略を取っていましたが、学校の成績からはわからない、息子の隠れた才能を見た気がしました。

さらにロボットを片づける時。「手伝おうか?」と聞くと、「全部自分でやって一位になったから、最後まで一人でやる」と、片付けまで一人でやってしまいました。自信が付くと言うことも変わってきますね。

達成感

次男がとってきたアゲハチョウがサナギから蝶になりました。それも2匹一緒に。昨日学校から帰って来てアゲハチョウを見つけた次男は大喜びだったらしく、近くに住むおばあちゃんに電話。おばあちゃんはわざわざアゲハチョウを見に来てくれました。

次男が見つけ、次男がミカンの葉をとって来て世話をしたアゲハです。さぞかし嬉しかったことでしょう。梅雨の合間の晴れ間があった今朝、小学校へ行く前に息子たちが虫かごからアゲハチョウを外へ出してあげました。

IMGP0260.JPG

虫とか生き物が増えて来るのを嫌がっていた女房も、学校ではなかなかみんなについていけない次男が熱心に世話をして、蝶のを観察して羽化を喜んだり、キャンプ場で自分でカニを見つけて捕まえたり、あるいは死んでしまったカニのお墓を作ったりしているのを見て、何も言わなくなりました。

生き物が元々好きなパパは結構ひそかに喜んでいます。

花まる学習会の高濱正伸さん

先日のカンブリア宮殿で、関東で塾を展開する花まる学習会の代表、高濱正伸さんが登場していました。塾の目指すところは子どもたちが「メシが食える大人になること」。

勉強にも工夫があり、独自の教材で子どもたちに「できた!」体験をさせる。細切れに次々と教える内容を変えるスピード感で子どもを飽きさせず。キャンプや海釣り教室もあって、親も子どももいろいろ体験する。

花まる学習会の考え方には非常に共感できました。愛知県にもあれば通わせたいところ。いっそ自分でやっちゃうか。

クラスの役員に立候補

新学年になって、クラスの役員選出選挙があったらしい。クラス委員への出馬を見送った長男は、クラスの代議員に立候補。代議員は4年生以上のクラスから1名ずつ出て、学校のことを話し合う役割とのこと。

結局長男のクラスでは立候補者が二人しかいなくて、投票で負けてしまいました。家では、「よくチャレンジした。後期にまた頑張ろう」と誉めています。

本人は結構けろっとしているけど、内心一番悔しがっているのは母親かも。